特徴は、非常に頭がよくて社交的でありながら海の遠い場所や深い場所まで泳げます。野生のイルカは群れで生活します。そんな群れに強い家族の絆があり、”ホイッスル”や”クリック”などの音を使った「言葉」を通じてコミュニケーションします。中には、子供のイルカが母親に「特別なホイッスル」を付けられ、人が名前で呼び合うように一生使われます。イルカはとても頭がよく、人間の次に脳化指数(体重に対して脳の大きさ)が高い動物だと知られています!

家族

シャチ、イルカ、ハクジラなどは非常に強い家族のきずなを持つ海の哺乳動物です。イルカは、生涯を通してポッドから離れることはほとんどありません。イルカやハクジラは人間のように非常に社会的な生物です。イルカはさまざまな音を使い分けて、仲間同士でコミュニケーションを取ることができる賢い動物として知られています。種類によると、母親のイルカは赤ちゃんに個体ごとに「シグネチャー・ホイッスル」名付けます。人が自分の名前を呼ばれると反応するように、イルカも自分のシグネチャーの音に反応するという研究が発表された。

カマイルカ

イルカは9~14ヵ月の妊娠期間を経ててから出産して、その子供を家族同士で数年もかけて育てます。この時間がかかる繁殖率により、大規模に海から捕られると野生のイルカの数がへる可能性があります。

寿命

野生のシャチが80年以上も生き延びるのは珍しくありません。イルカの種類によっては、海を1日に160キロまで泳げるのもいます。

ほとんどのイルカは、海の深い場所まで潜ることが多く、水面で過ごす時間はたったの2割となります。

シャチ

反響定位

イルカには、エコロケーション(反響定位)といった体内ソーナー能力を持っています。そんな複雑な能力は、超音波を飛ばしてからその反響音を頼りにすることによって身のまわりや獲物を認識することができます。

イルカのエコロケーション反響定位

知能

イルカの脳は大きくって、濃化指数、平均的な体重に対する脳のサイズの平均は人間に次いで2番目です。イルカやハクジラは複雑な脳を持ち、複雑な社会関係の構築や超音波を使って行先を定めたりコミュニケーションしています。

イルカの脳と人間の脳

近年、いくつかのイルカの脳の中に「スピンドルニューロン」の存在が発見されました。このスピンドルニューロンは感情移入、社会的認知、およびその他の複雑な認知能力に関連しています。また、イルカは人間の赤子よりも早く鏡に映った自分の姿を認識することが発見されています。

世界的な保護

近年いくつかの国は、イルカを含むクジラ目の生物の捕獲や繁殖を禁止する法案を可決しています。

非常に高い知能と自己認識を持つイルカやクジラにより、プールに閉じ込められることや次々のお客さんのためにパフォーマンスすることは残酷です。その生命と自由の権利は尊重されなければならないとして、シャチ、イルカ、ハクジラなどにこのような特別な地位を公式に認め、イルカやクジラを水族館のプールや生簀に閉じ込められることを禁止しましょう。

閉じ込められたイルカ